FC2ブログ
FrSky ACCESS プロトコル
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

FrSky ACCESS プロトコル

FrSkyのACCESSプロトコルについて、まとめてみました。<参考記事>FrSkyACCESS(Advanced Communication Control Elevated Spread Spectrum)■ 特徴パフォーマンスの向上下記は、ACCSTプロトコルとのレイテンシ(反応時間)比較です。平均値で30~50%程度、向上しているようです。コントロールレンジ、テレメトリレンジの拡大40%拡大しているとのこと24CHフルレンジ最大で24CHをサポートOver-the-air (OTA) レシーバー...
iFlight TurboBee 77R Micro FPV Race Whoop レビュー(8) / VTX
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

iFlight TurboBee 77R Micro FPV Race Whoop レビュー(8) / VTX

■ VTX - Video Transmitter -VTXは、PITモード/25mW/100mW/200mWに対応したマイクロVTXです。iFlightのサイトで探してみたところ、「5.8G SucceX Micro 200mW VTX V2」があるのですが、掲載されている写真を見る限り、パッドの配置が若干異なっていますね。設定は「IRC Tramp」によるOSDメニューで実施できます。ボートにあるボタンでも設定ができるのだと思うのですが、操作方法がわかりません。マニュアルが欲しい。フライト...
FrSky XM+ レシーバーのファームウェアアップデート
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

FrSky XM+ レシーバーのファームウェアアップデート

「Frsky XM+ Receiver」は、ファームウェアをアップデートをすることで、電波の受信強度を確認することができるRSSI(Receiver Signal Strength Indicator)を使用することができるようになります。アップデートのやり方はいくつかあるのですが、「FrSky Taranis Q X7」を使ったやり方を紹介します。(1)ファームウェアのダウンロードまずは、FrSkyのホームページから、最新のファームウェアをダウンロードします。現時点では、バー...
ホールセンサージンバル(Gimbal-M7)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

ホールセンサージンバル(Gimbal-M7)

「FrSky Taranis Q X7」のジンバルをホールセンサージンバル(Gimbal-M7)に変更してみました。もともと、操作性が良いので、劇的に操作性が変わることはないですが、精度とスムーズさが向上します。取付けは、ドライバーだけで変更が可能で、それほど難易度は高くないと思います。裏のネジを外し、ジンバルを交換します。スロットル側のバネを無効化する方法が純正とは異なります。以下の動画が参考になります。(5:40あたり)ジ...
自作 Tiny Whoop #16 (3) / モッキングバード設定
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

自作 Tiny Whoop #16 (3) / モッキングバード設定

モッキングバード設定での飛行ですが、angleモードでは、ダイレクトな操作感で、旋回時に流れにくい感じ。障害物にぶつかったときも、リカバリがしやすいです。ただ、飛行後、モーターが結構、熱くなり、モーターへの負荷は高そうなので、PIDをもう少し調整したほうが良さそうです。acroモードでは微妙な感じ。モッキングバード設定自体が、angleモードを想定した設定なのでしょうがないですね。■ 仕様 - Specification -Flight Co...