FC2ブログ

logview-01.png

「SKYRC iMAX B6」は、PCと接続することで、バッテリーの充電状況をリアルタイムで確認することができます。

■ 各種ソフトのインストール、設定


  1. CP210x USB to UART Bridge VCP Driversのインストール
  2. LogViewのインストール
  3. LogViewの設定
    (1)言語の変更
     [File]→[Language]→[English]をチェックする。
    logview-02.png

    (2)デバイス設定
     [Device]→[Choose device and port]をクリックする。
    logview-03.png

     デバイス設定画面で以下を選択する。
      Device: IMAX B6
      Connection port: Silicon Labs CP210x USB to UART Bridge
    logview-03-2.png


■ iMAX B6の設定

[USER SET PROGRAM]→[USB/Temp Select]で「USB Enable」を選択する。
imaxb6-05.jpg

imaxb6-06.jpg


■ iMAX B6とPCの接続

CP2102モジュールを使ってPCとUSB接続します。
CP2102module-01.jpg

使用するピンはRXDとGNDの2本となります。
CP2102module-02.jpg

iMAX B6側は、「Temperature Sensor」の端子(真ん中:RXD、右:GND)に接続します。
imaxb6-04.jpg


■ LogViewでの充電状況確認

以下は、2S 450mahのLipoバッテリーをバランス充電したときのグラフとなります。
充電電流は0.4Aに設定しています。
logview-04.png

緑:充電容量(mAh)
赤:カレント充電電流(A)
青:電圧(V)
黄、水色:セルの電圧(V)
関連記事
スポンサーサイト
Posted by