FC2ブログ

FC_BETAFPV_F4_1S_AIO-01.jpg


BETAFPV F4 1S AIO Brushless Flight Controller (SPI Rx)


BETAFPV F4 1S AIO Brushless Flight Controllerを紹介します。


仕様 - Specification -


SPECIFICATIONS OF FC
Brand: BETAFPV
CPU: STM32F411CEU6 (100MHZ )
Six-Axis: MPU6000 (SPI connection)
Firmware version: betaflight_4.2.0_STM32F411
Receiver: Support Frsky Receiver/ Futaba Receiver
VTX Power: 25mW
Motor Pin Connecter: 1.25mm Header Pins
Mounting hole size: 29mm x 29mm / suitable for almost all kind of whoop frame
Weight: 3.92g(without antenna and BT2.0 connector)

SPECIFICATIONS OF ESC
Built-in ESC with 5A continuous and peak 6A current
Input voltage: 1S Lipo
ESC firmware: O_L_5_REV16_8.HEX
OSD: Built-in BetaFlight OSD (STM32 controls OSD chip over SPI in DMA mode)
Signal support: D-shot150, D- shot300, D-shot600, Oneshot125, Multishot, PWM
4 Indicators: Receiver indicator (Blue)/Flight control status indicator (Green)/Flight control power indicator (Red)/VTX indicator (Pink)


パッケージ - Package -


FC_BETAFPV_F4_1S_AIO-02.jpg


パッケージには以下が入っています。

・BETAFPV F4 1S AIO Brushless Flight Controller (SPI Rx)
・マウント用ネジ(M1.2x4mm/M1.4x5mm)
・ラバーダンパー


概要 - Overview -


ESC、レシーバー、VTXがビルトインされたAIOフライトコントローラーです。
VTXまでビルトインしたものが最近の流れですね。
Mobula6に搭載されているCrazybee F4 LiteAE65に搭載されているEachine CrazybeeXといったAIOフライトコントローラーが他メーカーからも発売されています。

BETAFPV F4 1S AIOは、工場出荷状態でオーバークロック(cpu_overclock=108MHz)されています。
ファームウェアの機体名が「Meteor65」となっているので、次期Meteor65のフライトコントローラーの可能性が高いですね。


ボードにはV1.1と記載されていますが、V1.0が流通したのか不明です。

FC_BETAFPV_F4_1S_AIO-04.jpg


バッテリーケーブルはBT2.0ケーブルが使用されています。

FC_BETAFPV_F4_1S_AIO-05.jpg


VTXアンテナの横にNano HD Cameraとの接続用コネクタがあります。

FC_BETAFPV_F4_1S_AIO-06.jpg


付属品


マウント用ネジ、ラバーダンパー


フライトコントローラーをフレームにマウントするためのM1.2x4mmネジ、M1.4x5mmネジ、ラバーダンパーが付属しています。

FC_BETAFPV_F4_1S_AIO-03.jpg


重さ - Weight -


カタログ値は3.83gとなっていますが、この値はバッテリーケーブルとVTXアンテナを除いた値です。
ケーブル、アンテナを含めた実測値は5.41gでした。

FC_BETAFPV_F4_1S_AIO-09.jpg


回路図


FC_BETAFPV_F4_1S_AIO-07.jpg

FC_BETAFPV_F4_1S_AIO-08.jpg


ファームウェア


バージョン(工場出荷状態)


Betaflight / STM32F411 4.2.0

CLIダンプ


CLIダンプ:FC_BETAFPV_F4_1S_AIO_cli_original.txt
CLIダンプ(diff):FC_BETAFPV_F4_1S_AIO_cli_original_diff.txt

STATUS


statusコマンド(バッテリー未接続)の結果です。

MCU F411 Clock=108MHz (PLLP-HSE), Vref=3.28V, Core temp=34degC
Stack size: 2048, Stack address: 0x2001fff0
Config size: 3924, Max available config: 16384
Gyros detected: gyro 1
GYRO=MPU6000, ACC=MPU6000
OSD: MAX7456
System Uptime: 7 seconds, Current Time: 2020-11-21T00:17:03.709+00:00
CPU:9%, cycle time: 125, GYRO rate: 8000, RX rate: 33, System rate: 9
Voltage: 17 * 0.01V (0S battery - NOT PRESENT)
I2C Errors: 0
SD card: Not configured
Arming disable flags: RXLOSS CLI MSP


PID


FC_BETAFPV_F4_1S_AIO_PID-01.png

FC_BETAFPV_F4_1S_AIO_PID-02.png

FC_BETAFPV_F4_1S_AIO_PID-03.png


LINK




関連記事
スポンサーサイト