SilverVISE-00.png


Android4.4以上のスマートフォンやタブレットに、SilverVISEをインストールすることで、機体の状態をリアルタイムに確認することができます。

■ ファームウェアの設定

  1. config.hを編集し、「RX_BAYANG_BLE_APP」の定義を有効にします。
    「#define RX_BAYANG_PROTOCOL_TELEMETRY」はコメントアウトします。

    silver13/BoldClash-BWHOOP-B-03
    config.h
    174: // Radio protocol selection
    175: // select only one
    176: //#define RX_CG023_PROTOCOL
    177: //#define RX_H7_PROTOCOL
    178: //#define RX_BAYANG_PROTOCOL
    179: //#define RX_BAYANG_PROTOCOL_TELEMETRY
    180: //#define RX_BAYANG_PROTOCOL_BLE_BEACON
    181: //#define RX_NRF24_BAYANG_TELEMETRY
    182: #define RX_BAYANG_BLE_APP
    183: //#define RX_CX10BLUE_PROTOCOL
    184: //#define RX_SBUS

  2. ビルドし、機体にフラッシュします。

■ SilverVISEのインストール

  1. SilverVISEアプリファイルをダウンロードします。

  2. apkファイルをスマートフォンやタブレットに転送し、インストールします。

■ SilverVISEの利用方法

  1. 機体にバッテリーを接続した状態で、SilverVISEを起動します。
    起動すると自動でスキャン処理が実行されます。
    ※スマホのBluetoothを有効にしておく必要があります。
    SilverVISE-01.png

  2. 見つかった機体名が表示されるので、タッチします。
    SilverVISE-02.png

  3. 機体の状態が表示されます。
    SilverVISE-03.png

  4. 画面をタッチすることで、PID表示に切り替えができます。
    SilverVISE-04.png

  5. 機体を飛ばすと、機体アイコン下に「FLYING...」と表示されます。
    SilverVISE-05.png


■ PIDの変更確認

右スティックの操作で変更した値をSilverVISEで確認することができます。

□PIDの選択:上、下、上
SilverVISE-PID-01.png
           ↓
SilverVISE-PID-02.png
           ↓
SilverVISE-PID-03.png
           ↓
SilverVISE-PID-01.png


□Roll/Pitch、Yawの選択:上、下、下
SilverVISE-PID-02.png
           ↓
SilverVISE-PID-04.png
           ↓
SilverVISE-PID-02.png


□値の変更(-):上、下、左
SilverVISE-PID-02.png
           ↓
SilverVISE-PID-05.png
           ↓
SilverVISE-PID-06.png


□値の変更(+):上、下、右
SilverVISE-PID-02.png
           ↓
SilverVISE-PID-07.png
           ↓
SilverVISE-PID-08.png


□設定のセーブ:下、下、下
バッテリーを取り外しても、保存されます。
関連記事
スポンサーサイト
Posted by