FC2ブログ

JCD8898-01.jpg


JCD 8898 2 in 1 750W Soldering Station


ヒートガンとはんだごてがセットになったJCD 8898 2 in 1 750W Soldering Stationを紹介します。


仕様 - Specification -


ヒートガン
Working Voltage: AC220-240V OR AC100-130V
Frequency: 50Hz/60Hz
Output Power: 750W
Temperature Range: 100℃-480℃
Temperature Stability:±2℃
Air Flow: 150L/min (max)

はんだごて
Working Voltage: AC220-240V OR AC100-130V
Output Power: 80W
Frequency: 50Hz/60Hz
Temperature Range: 180℃-500℃
Temperature Stability: ±1°C
Soldering Iron : ESD design
Heater Material : Ceramics


パッケージ - Package -


JCD8898-02.jpg

パッケージには以下が入っています。

・JCD 8898本体
・ヒートガン
・ヒートガン用ノズル(3種類)
・はんだごて
・こて台
・壁掛け用パーツ


概要 - Overview -


JCD8898-03.jpg

温度調整ができるヒートガンを探していて、JCD 8858 700W Hot Air Heaterにたどり着いたのですが、
はんだごてとセットになったJCD 8898 2 in 1 750W Soldering Stationを選択してみました。


本体


前面にはんだごてとヒートガンを取り付けるためのソケットが付いています。
左がはんだごて、右がヒートガンとなります。

JCD8898-04.jpg


右側に電源ケーブルソケットと電源スイッチがあります。
電源スイッチは上がはんだごて、下がヒートガンです。
別々にON/OFFできるのはいいですね。

JCD8898-05.jpg


本体下側に壁掛け用パーツを取り付けることで、壁掛けにすることができます。

JCD8898-06.jpg

JCD8898-07.jpg


電源ケーブルは3ピンソケットとなります。
3ピンに対応している電源タップを使用するか、変換コネクタを使う必要があります。

JCD8898-08.jpg


変換コネクタは別売で、汎用のものが使用可能です。

JCD8898-09.jpg

JCD8898-10.jpg


温度調整は、はんだごてとヒートガンで個別設定できるようになっています。
左がはんだごて、右がヒートガンです。

JCD8898-18.jpg


ヒートガン


JCD8898-12.jpg


100℃から480℃までの温度調整が可能で、熱収縮チューブからはんだまで対応しています。

ヒートガンを本体から離すと自動的に動き出します。
使用後、ヒートガンを本体に戻す送風のみとなり、冷却後、自動的に停止します。

JCD8898-17.jpg


先端に取り付けるノズルは3種類付属しています。

JCD8898-13.jpg

JCD8898-14.jpg

JCD8898-15.jpg

JCD8898-16.jpg


熱収縮チューブだけの用途であれば、ドライヤーでも十分です。
専用品では、DANIU 110V 300W DIY Electric Heat Shrink Gunといったものもあります。


はんだごて


180℃から500℃までの温度調整が可能です。
付属しているこて先は1種類ですが、別売で変更可能です。
試しに、白光のこて先を取り付けたら、使えました。
ただ、専用品ではないので、自己責任で。

JCD8898-11.jpg


私は、普段、「白光 FX600」を使っているので、
メインは「FX600」で、サブとしてこちらを使う感じになりそうです。

ドローンの自作では、小さなパッド用とそれ以外で、こて先が異なるものが2本あると便利です。





LINK




関連記事
スポンサーサイト



Posted by