FC2ブログ

S020-09.jpg

BETAFPV Lite Brushed Flight Controller Silverware(NotFastEnuf/E011-BWHOOP-H8-Silverwareを適用する手順です。


■ 必要なもの

  1. NotFastEnuf/E011-BWHOOP-H8-Silverware
    GitHubからダウンロードします。

  2. ST-Link
    USB経由でPCとFCを接続するために使用します。

  3. STM32 ST-Link Utility
    ST-Link経由でファームウェアを更新するソフトウェアです。


■ ファームウェアの更新

  1. ST-LINKとFCを接続
    FCのGND、SCLK、SDIOをST-LINKのGND、SWCLK、SWDIOに接続します。

    BETAFPVLIGHT-04.jpg


  2. ST-LINKをPCのUSBに接続

  3. FCにバッテリーを接続

  4. STM32 ST-LINK Utilityを起動
    STLINK-01.png

  5. FCとの接続(STM32 ST-LINK Utilityのメニュー→コンセントアイコンをクリック)
     →ワーニングが出ますが「OK」をクリック(ファームウェアのクリアを実施した後は出ません)
    STLINK-02.png

  6. ファームウェアのクリア(初回のみ)
    (1)STM32 ST-LINK Utilityのメニューで[Target]→[Option Bytes]
    STLINK-05.png

    (2)[Read Out Protection]で「Level0」を選択し、[Apply]ボタンをクリック
    STLINK-03.png

    STLINK-04.png

  7. ファームウェアの書き込み
    (1)STM32 ST-LINK Utilityのメニューで[Target]→[Program & Verify]
    STLINK-06.png

    (2)書き込むファームウェアを選択

    (3)[Start]ボタンをクリック

    (4)書き込み時にエラーが発生していないかの確認

  8. STM32 ST-LINK Utilityを終了し、ST-LINKとFCを取り外す



■ LINK


関連記事
スポンサーサイト
Posted by