FC2ブログ

BetafpvELRSNanoTX-01.jpg


BETAFPV ELRS Nano TX Module レビュー(1)



ExpressLRSを採用したTXモジュールであるBETAFPV ELRS Nano TX Moduleをレビューしていきます。

ExpressLRSはオープンソースコミュニティで開発されたRCプロトコルで、
低遅延長距離通信が可能であり、現在、発売されている商用製品の中で最も優れているようです。


概要 - Overview -


BETAFPV ELRS Nano TX Moduleには、2.4GHz915MHz868MHzの3種類のモデルがありますが、
今回は2.4GHzモデルをレビューします。


上部にはアンテナ取付用のSMAコネクタがあります。
アンテナは取り外しできるようになっていますが、電源を入れる前に必ずアンテナを取り付ける必要があります。
取り外した状態で電源を入れいると内部チップが破損するので注意してください。

BetafpvELRSNanoTX-02.jpg


下側には、USB TypeCポートがあります。
ファームウェア更新用だと思われますが、現時点では使用方法が公開されていません。

BetafpvELRSNanoTX-03.jpg

BetafpvELRSNanoTX-04.jpg

BetafpvELRSNanoTX-05.jpg


真ん中にあるボタンはレシーバーとのBIND、出力変更で使用します。

BetafpvELRSNanoTX-06.jpg


送信機への取り付けは、nanoモジュールベイなので、
Jumper T-Liteに取り付けることができます。

BetafpvELRSNanoTX-07.jpg

BetafpvELRSNanoTX-08.jpg

BetafpvELRSNanoTX-09.jpg


モクソンアンテナは、アンテナとコネクタが分かれていますが、コネクタ側をアンテナに差し込みます。
アンテナとコネクタ部はネジ式ではありません。

BetafpvELRSNanoTX-10.jpg

BetafpvELRSNanoTX-11.jpg

BetafpvELRSNanoTX-12.jpg


仕様 - Specification -


Description
Brand: BETAFPV
Packet refresh rate: 25Hz/50Hz/100Hz/200Hz (915MHz/868MHz)
25Hz/50Hz/150Hz/250Hz/500Hz (2.4GHz)
RF output power: 100mW/250mW/500mW
Frequency bands (Nano RF Module 2.4G version): 2.4GHz ISM
Frequency bands (Nano RF Module 915MHz/868MHz version): 915MHz FCC/868MHz EU
Input voltage: 5V~12V
USB port: Type-C


パッケージ - Package -


BetafpvELRSNanoTX-13.jpg


・ELRS Nano TX Module 本体
・モクソンアンテナ
・マニュアル


マニュアル - Manual -


BetafpvELRSNanoTX_man-01.jpg

BetafpvELRSNanoTX_man-02.jpg


RELATED





LINK




関連記事
スポンサーサイト